So-net無料ブログ作成

灰の水曜日礼拝 [教会関係]

武蔵野教会の聖灰水曜礼拝に行ってきました。今年は出席者が少なくて残念でしたが、良い礼拝を守ることが出来ました。

この聖灰礼拝は、ルーテル教会でも行っているところは少ないと思います。聖灰は写真にあるような、前年度の枝の主日で祝福された棕櫚の十字架を(写真左)、翌年の聖灰水曜日に焼いて灰にし聖油を混ぜて作ります(写真右)。そして、礼拝の中でそれを「塵にすぎないあなたが塵に返ることを心に留めなさい」という言葉と共に、額に十字の印を塗ってもらいます。



読まれる聖書は詩篇51、ヨエル書2章12~18、マタイ6章1~6,16~21と、四旬節を迎えるに相応しいみ言葉が選ばれています。

四旬節には以前にも何度か、ヘンリ・ナウエンの『イエスの示す道 受難節の黙想』を読んで過ごしたことがありました。今年も読んでみたいと思います。皆さんも何かお勧めの黙想集があったら、是非教えて下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。