So-net無料ブログ作成

豊後府内のザビエル像 [雑記]

現在、宣教研修をしている大分教会は大分県庁のすぐ近くにあります。

その県庁前の通りには、遊歩公園があります。これはかつて府内城があった城址公園から南に向かう長さ約400m、幅約10mの南北に細長い公園で、遊歩道に沿って、十数体の彫刻、記念碑が点在しています。特に中世の府内(現在の大分市)に開花した南蛮文化を記念するものも多いのが特徴です

城址公園はワンコの散歩コースとなっており、野村先生のお宅の二匹の娘達も毎日元気に散歩に行っています。(^_^)
その最も城址公園に近い所にある、フランシスコ・ザビエル像を今日は紹介致します。



  

バックには世界地図が描かれており、日本までの航路が示されています。

ザビエルは1549年に日本に到着しますが、大分(豊後)にやってくるのは1551年のことでした。そこで大友宗麟と出会い、活発な宣教活動を行うことが出来たのでした。

この彫像の作者は佐藤忠良で1969年に作られたものだそうです。
佐藤忠良といえば宮城県の出身で、宮城県美術館には佐藤忠良記念館も併設されています。いやーこんな所で、再び佐藤忠良の彫像を見ることが出来るとは思いませんでした!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。